いかなごのくぎ煮

いかなごのくぎ煮
今年も神戸の実家より春の風物詩「いかなごのくぎ煮」が送られてきました。
2月下旬から3月下旬までしか漁ができない瀬戸内のイカナゴの幼魚。
神戸、明石、播州地方では、これらいかなごの幼魚を佃煮にすることで春の到来を感じる習慣があるのです。

写真でも見て分かる通り、炊きあがって佃煮になった状態が、錆びて折れ曲がった釘に似ていることから、「いかなごの釘煮」と呼ばれる由来だそうです。
最近は関西の他の地方、例えば伊丹空港や関西空港などのお土産品売場でも販売されていますが、イカナゴの釘煮は、先述の通り「神戸、明石、播磨地方」のみの産物です。同じ兵庫県でも他の地域や大阪、京都では作られていません。

瀬戸内で収穫された「いかなごのくぎ煮」。
瀬戸内海を感じながら食べたかったので、白いご飯も合うと思いますが、今回は同じく島(スコットランド)のシングルモルト・ウイスキーTALISKERを合わせてみました。
相性は最高でしたよ。

※いかなごの釘煮に使用されているイカナゴとは、和名を「イカナゴ」、学名をAmmodytes personatusという。

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)