アオウミウシ

【紀伊半島のダイビングで撮影したアオウミウシの水中写真】

沖縄本島在住としては台風第9号 (チャンホン)の行方が気になるところです。
台風第10号 (リンファ)は放っておいて良さそうですが、本州としては台風第11号 (ナンカー)が、近づく可能性がありそうなので注視しておいたほうが良いかも知れませんね。
いずれにしても台風が同時に3つも発生している現象が興味深くて勉強になります。

紀伊半島のダイビングで撮影したアオウミウシの水中写真
紀伊半島のダイビングで撮影したアオウミウシの水中写真

日本本州では季節を問うことなく一年中観察することが可能なアオウミウシ。
沖縄地方には生息していませんが、本州では普通種中の普通種です。
関西のリゾート地、和歌山県の南紀白浜の海岸でセルフダイビングをしている際に撮影したものです。

写真の様に、人間が触れると刺されるような危険な魚の上でも歩いていない限りは、なかなか撮影しようという意欲が湧かない程の普通種。

でも、沖縄に来てからは見ることができなくなってしまったので、逆に物凄く見たくなります。無いものねだりですね。

また、アオウミウシそのものは個体差があるので、色々なパターンを撮って比較してみるという楽しみ方もあるかと思います。

     

アオウミウシの外観特徴

・体地色は青色
・背面の周縁は黄色く縁取られる
・両触角の間から鰓の直前までの正中線上を周縁と同じ黄色の縦線が走る
・鰓は地色は白色
・正中線の両脇及び腹足には黄色い斑紋が並ぶ
・背面には黄色斑より小さい黒色斑が並ぶ
・但し、黄色班、黒色斑を欠く個体や、斑紋が滲んで繋がったように見える個体もいる

     

アオウミウシの分布

アオウミウシは、日本本州、四国、九州、香港からの報告がある。

     

和名 : アオウミウシ
学名 : Hypselodoris festiva
撮影日 : 2004年5月29日
撮影場所 : 和歌山県 紀伊半島
撮影水深 : -5m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)