アカオビベラ

【沖縄本島のダイビングで撮影したアカオビベラの水中写真】

ご当地、沖縄本島は連日の気温が27度・28度といった本州の夏に匹敵する気候になってきました。
島に沿った海域も夏ポイントがベタベタの凪ぎ凪ぎになっています。

アカオビベラ

写真は、アカオビベラの雄相。
体長10cm程度で素早く動く小型のベラで、沖縄本島のダイビングにおいては岩礁域やサンゴ礁域の浅場でごく普通に見かけます。

沖縄本島のダイビングで撮影したアカオビベラの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したアカオビベラの水中写真
     

アカオビベラ(雄相)の外観特徴

アカオビベラの雄相は、ハラスジベラやオニベラにも似るが、胸鰭基底部付近に三日月状の橙色班がある。またカミナリベラの雄相にも似るが、頬に青い直線上の縦線があることで見分けることができる。
胸鰭は通常、12-13軟条でもある。

     

アカオビベラの分布

アカオビベラは、八丈島、小笠原諸島、千葉県館山湾(yg)、静岡県沼津、和歌山県串本、高知県柏島、愛媛県愛南、屋久島、琉球列島、南大東島;台湾、香港、海南島、東沙群島、西沙群島、南沙群島、東インド-汎太平洋(キーリング諸島以東;ハワイ諸島・マルケサス諸島・イースター島を除く)からの報告がある。

     

和名 : アカオビベラ(スズキ目ベラ科カミナリベラ属)
学名 : Stethojulis bandanensis
撮影日 : 2009年11月28日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -5m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)