アカヒレイシモチ

周囲から「忘年会」とか「余興」といったキーワードが耳に付くようになると、12月も大詰めに入ったのかと感じさせられる水曜日。
そして、週末3連休の天気予報があまり良くないのが気になるところ。
アカヒレイシモチ
写真は、『アカヒレイシモチ』。
サンゴ礁や岩礁の岩棚奥に潜むように生息している大型のテンジクダイ科の仲間です。

専門家の方から全体的に個体数が少なく大変珍しい種だと教えていただきました。言われてみれば、私もこの時一度しかアカヒレイシモチを見たことがありません。

アカヒレイシモチは、鰓蓋膜縁辺が黒い。鰓蓋に暗色斑がある。体側の鞍掛状斑の幅が広い。頬部の暗色帯は明瞭といった特徴を持っています。

元々は沖縄県西表島や瀬底島から採集された標本に基づき Apogon rhodopterus として報告されていたものが、その後 Apogon rufus として改めて新種記載された経緯があります。

アカヒレイシモチは、琉球列島;フィリピン諸島、フローレス島、ポートモレスビー、パラオ諸島、フィジー諸島での観察記録がある。

和名 : アカヒレイシモチ(スズキ目テンジクダイ科テンジクダイ属)
学名 : Apogon rufus
撮影日 : 2013年7月15日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -10m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)