ムスジコショウダイ | 幼魚

【沖縄本島のダイビングで撮影したムスジコショウダイygの水中写真】

1歳4ヶ月の次女も次々と言葉が出始めて来た。
パパ、ママ、リンゴ、泡、痛い?等々・・・
特に、この時期は『パ~パ?』と疑問形で語りかけて来るところが可愛い。

もう少し広い家が欲しくなった。

     

ムスジコショウダイ幼魚の水中写真

写真は、ムスジコショウダイの幼魚で体長は1cm程度。
潮通しの良いサンゴ礁域や、外洋に面しているドロップオフや斜面などで見かける事が多い。

体全体をクネクネとくねらせて泳ぐ様子はダイバーに人気。

沖縄本島のダイビングで撮影したムスジコショウダイ幼魚の水中写真
ムスジコショウダイ幼魚(1cm SL)

     

撮影方法と表情によっては、こんな感じにも
沖縄本島のダイビングで撮影したムスジコショウダイ幼魚の水中写真

     

ムスジコショウダイの外観特徴

ムスジコショウダイ幼魚の斑紋パターンは、黒色域の周縁にオレンジ色の滲みがあることで識別出来る。
成魚は体側全体に黒色縦帯が走り、腹鰭が黄色いことで区別可能。

     

ムスジコショウダイの分布

ムスジコショウダイは、神奈川県三浦半島(yg)、八丈島、和歌山県串本、高知県柏島、薩摩半島西岸、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島;台湾、広東省、海南島、広西省、東沙群島、西沙群島、インド-西太平洋、ミクロネシア(マーシャル諸島を除く)からの報告がある。

     

和名 : ムスジコショウダイ(スズキ目イサキ科コショウダイ属)
学名 : Plectorhinchus vittatus
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM