アミチョウチョウウオ

アミチョウチョウウオ
アミチョウチョウウオ
ウチの環境では今夜からドラマ版の海猿が毎日2話ずつ見れるようです。

写真はアミチョウチョウウオ。
水中では単独やペアでサンゴや岩肌を突いているシーンをよく見かけます。

一般的にサンゴの組織は水分が多く低カロリーな餌であることが知られており、アミチョウチョウウオのように小型の底生生物も食べる捕食者は良いのですが、テングカワハギのようにポリプ食のみの捕食者はサンゴから離れず、四六時中サンゴを突いていなければ生きてはいけないのでしょうね。

<アミチョウチョウウオ>
アミチョウチョウウオは、サンゴ礁域などの浅所に生息。
体側の網目状模様が特徴。
南日本の太平洋岸、琉球列島、東部インド洋~中・西部太平洋の熱帯域に分布。

和名 : アミチョウチョウウオ
学名 : Chaetodon rafflesii
撮影日 : 2011年6月18日

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)