アメリカ人ダイバー

【沖縄本島のダイビングで撮影したアメリカ人ダイバーの写真】

今日は『OLの日』。
昭和38年(1963年)、女性自身のアンケート結果で「働く女性の総称」としてOLが1位に輝いた。これがあっという間に世間に浸透していきOLという言葉が定着していったという経緯がある。

この雑誌は1958年に創刊して以来、紙媒体が衰退している現在(2016年)でも続いており、ある意味長寿雑誌だと言える。

ちなみにOLという言葉以前は、BGだった。ビージーって・・・
その前は、職業婦人。

BGは英語でbar girlという言葉の略で、翌年の東京オリンピックを控えている時代背景があり、そういう読者投票が行われたらしい。
英語アレルギーだった当時の日本らしい出来事である。

     

アメリカ人は型にはまらない

沖縄本島の有名なダイビングポイントは、在日米軍のダイバーが開拓したものと言われている。
写真は、読谷村(読み:よみたんそん)の残波岬(読み:ざんぱみさき)という場所だが、陸から海に達するまでの鋭いリーフの上を彼らは平気で歩いて行く。
そして水着にタンクを背負うという軽装で海面下へ消える。

沖縄本島のダイビングで撮影したアメリカ人ダイバーの写真

     

そもそもスキューバダイビングは、アメリカ海軍から広まったものなので、当たり前といえばそれまでだが、この感覚の違いに最初の頃は驚かされたものだ。

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)