アンパンマン公園 沖縄

【沖縄県 沖縄市にアンパンマン公園が密かに作られていた】

※ 2016年3月時点の記事です
※ 未確認情報ですが、現在一般人は遊べないらしいのでお子様連れのパパ・ママは気を付けてくださいね

ここ数日の沖縄本島は湿度が高く、室内は香港を彷彿とさせる85%まで上昇。
もちろん車内はエアコンON、自宅も湿度が下がるまではエアコンON。羽田空港でも気温が高い状態で雨が降り、濃霧で多くの飛行機が欠航していたようですね。

アンパンマン公園が沖縄にもあった

少し前に行ってきたアンパンマン公園。
詳細は良く知りませんが、2015年に出来たらしいとどこかのサイトで見ました。

知人がSNSに投稿していたのを見て、ちょうどうちの子がストライクゾーンなので行ってみようと色々検索しながら辿り着いたのですが、ここは道路から見えないため普通に運転している限りではまず目に入ることはありません。

因みに私もアンパンマン公園へ行った翌日にSNSへ投稿したのですが、すぐに拡散されて別の知人がGoogleMAPに公園の名前と360度ビューまで登録してくれたので検索は少し簡単になっているはずです。
アンパンマン公園の地図と駐車場情報については、誰かの役に立てばと思ってこのページの最後に記載しておきました。

沖縄市のアンパンマン公園に行ってきた

まずはこれがなくては始まらない「アンパンマン号」。
正面から向かって右側は木の板で緩やかな形状をしているので、小さな子供でも登る事が出来ます。
アンパンマン公園 沖縄

向かって左側は、鉄のハシゴ状になっており、こちらも緩やかな形状をしています。
アンパンマン公園 沖縄

アンパンマン号の中に入ると、運転席が設置されており、2本のレバーを動かすことが出来るようになっていました。
ちびっ子たちはこれをガチャガチャして楽しんでいます。
緑色のハシゴがありますが、すぐ上は行き止まりになっているので危なくはありません。
アンパンマン公園 沖縄

同じくアンパンマン号の中には滑り台へと続く階段があります。
0309_04

階段を三段ほど登ると滑り台。
滑り台のトップは鉄格子で囲われていますので、落下のリスクはありません。
滑り台の傾斜もかなり緩やかで短いので子供が滑るスピードは知れており、親の立場としては安心して離れて見ていることができました。
アンパンマン公園 沖縄

スプリング遊具は4つありました。
向こうからドキンちゃん、バイキンマン、アンパンマン、メロンパンナの並び。
※いつの間にかキャラクターの名前がスラスラ出てくる・・・
アンパンマン公園 沖縄

ベンチは3つ設置されていました。
ちびっ子たちはこれだけでも結構テンションが上がるのだ。
アンパンマン公園 沖縄

ネットの上を歩く遊具もありました。
高さは低く、傾斜もほとんど付いていないので、小さな子供でも充分楽しめます。
アンパンマン公園 沖縄

これはウチの子はまだ登れませんでした。
ロッククライミングのような感じなので、危うそうならこの遊具は隣に付いてあげたほうが良いかも知れません。向こう側も同じ形をしています。
アンパンマン公園 沖縄

こちらは遊具の中をくぐったり、上に乗ったりするだけのものですが、それでも子供たちは上に下にと楽しそうに遊んでいました。
アンパンマン公園 沖縄

少し上から見たアンパンマン公園の全体像。
遊具は少なめですが、キャラクターだけで子供たちは満足のようでした。
アンパンマン公園 沖縄 全体像

資金の提供元はコチラのようでした。
沖縄県は在日米軍基地があるおかげで金銭的に恵まれているようですね。
アンパンマン公園 沖縄

アンパンマン公園 沖縄市の場所

アンパンマン公園は、沖縄市かりゆし交流センターつくし園の隣に位置しています。
公園は付近の道路より低い場所にあるため運転中は見えませんが、車から降りて覗くと見つけるのは容易だと思います。

またアンパンマン公園には駐車場はありませんので、お向かいにある「かりゆし公園」の駐車場(無料)に停めて道路を渡って行くのが一番良いかと思います。

[map zoom=”17″]アンパンマン公園 沖縄[/map]

親子で楽しい時間を過ごすことができるといいですね。

※ この記事は、2016年3月時点の情報となります

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)