イソコンペイトウガニ

沖縄本島のダイビングで撮影したイソコンペイトウガニの水中写真

遠く離れた台風の影響で強い北風が吹き荒れている沖縄本島。
やや肌寒さを感じるものの、まだ半袖シャツだけで歩くことができるので衣替えはもう少し先になりそうだ。

写真はウミトサカに生息する「イソコンペイトウガニ」の水中写真。
小指の爪程度の大きさなので、特にマクロレンズを装着することもなく写真の大きさで撮影することが出来た。

1枚目のイソコンペイトウガニ。
定点観察している方によると、普段は黄色いウミトサカに住んでいるらしいが、周囲のウミトサカにも出掛けることがあるそうで、どうやらその瞬間を撮影したものになるようだ。
イソコンペイトウガニ

こちらのイソコンペイトウガニは、よく見る色彩。
住んでいるウミトサカのカラーに体色を合わせることで、より一層擬態の恩恵を受けているのだろう。
イソコンペイトウガニ
金平糖に似ていることが、和名の由来になっているようだ。

和名 : イソコンペイトウガニ
学名 : Hoplophrys oatesii
撮影日 : 2014年11月2日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)