イソゴンベ

イソゴンベ
台風15号の影響で明日から波高5mの予報が出ている沖縄本島です。
今週末のダイビングに影響が出てきそうな予感がしてきました。水温28度ぐらいで鏡の様に凪いだ海況で潜りたいッスね。

写真はイソゴンベ。体長は20cm前後。
サンゴ礁外縁部の波打ち際の様な波が荒く当たる場所で見かけます。

メガネゴンベ 、 ホシゴンベヒメゴンベ などと同じゴンベの仲間ですが、基本的に夜行性であるうえに、かなり臆病な性格で、見かけてもすぐに物陰に逃げてしまうことから実はあまり知られていないのではないかと思う。
また、見た目はハタの仲間にも似ているが、背鰭棘の先端に小さな糸状突起があり、胸鰭軟条は下部が肥厚する。
また側線鱗数は44以下で、主鰓蓋上方、背鰭基底後方にも暗色眼状斑はない。

こんな感じでサンゴの陰に隠れていると、パッと見はその辺にいるハタの仲間にも見えますね。
イソゴンベ

イソゴンベは、伊豆半島、八丈島、小笠原諸島、屋久島、喜界島、沖縄諸島、南大東島、台湾、西沙諸島、インド~太平洋での観察記録がある。

和名 : イソゴンベ(スズキ目ゴンベ科イソゴンベ属)
学名 : Cirrhitus pinnulatus
撮影日 : 2013年8月25日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -1m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)