イトヒキサギ

イトヒキサギ
イトヒキサギ
強い北風の吹く日が多くなってきた沖縄本島です。
太陽に当たると陽射しは 「熱い」 のに、風は冷たいという奇妙な季節になりました。

写真はイトヒキサギ。
ほぼ、目の前だけが見える様なモクモクとシルトが舞い上がった場所で撮影したので、こんな写真になっています。

イトヒキサギは、体高が高いことや背鰭が伸びていること(幼魚は伸びない)、体側の斑点などで識別。

開けた浅海域で見られる種であり、サンゴ礁で見かけることはほとんどないようです。

食用として漁獲されており、沿岸の砂底や河口の汽水域などに見られる普通種ではあるが、水中写真は非常に少ないようですね。

イトヒキサギは、南日本以南、インド・西太平洋域に分布する。

和名 : イトヒキサギ
学名 : Gerres filamentosus
撮影日 : 2012年11月18日
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : -10m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)