イトマンクロユリハゼ

イトマンクロユリハゼ
イトマンクロユリハゼ
鳴門の渦潮がニュースになるシーズンになりましたね。
いよいよ春到来って感じで。

写真はイトマンクロユリハゼの幼魚。
他のハゼの幼魚が遊泳している集団に紛れているところを撮影したものです。

イトマンクロユリハゼは南日本の太平洋沿岸、八丈島、琉球列島、インド、太平洋に分布するクロユリハゼ科の種。イトマンクロユリハゼの特徴は胸鰭基底に黒色斑があること。

和名 : イトマンクロユリハゼ
学名 : Ptereleotris microlepis
撮影日 : 2011年3月6日

沖縄本島のダイビング OKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)