イヌギンポ

【沖縄本島のダイビングで撮影したイヌギンポの水中写真】

昨日から久しぶりに歯科の受診を再開。
子供の歯を磨く時に「あ~んして!」とか偉そうに言っていたが、自分がやるとなると結構ツライもんがある。
歯の裏側がツルツルになって気持ちいい感じ。

     

イヌギンポ

今日の魚はイソギンポ科の魚「イヌギンポ」。
ダイバーであれば必ず出会っているであろう、体長2cm程度のとても綺麗な魚。

イヌギンポは、図鑑にもほとんど掲載されていない為かあまりポピュラーな魚類ではないが、沖縄本島のダイビングにおいては西海岸・東海岸を問わず普通に観察する事が出来る。

     

イヌギンポ (2cm SL)

沖縄本島のダイビングで撮影したイヌギンポの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したイヌギンポの水中写真

     

イヌギンポ (2cm SL)

沖縄本島のダイビングで撮影したイヌギンポの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したイヌギンポの水中写真

     

イヌギンポの外観特徴

内湾や藻場に生息するイヌギンポの特徴としては次の通り。
項部に皮弁がある。上側頭管の開孔数は5。鰓蓋にも尾鰭基底にも顕著な暗色斑はない。下顎の皮弁は分岐しない。背鰭第一棘は第二棘より短く、背鰭前端は高くならない。背鰭の棘と軟条数は27~34。体は普通に延長し、リボン状ではない。背鰭基部は眼の後端より後ろにある。

     

イヌギンポの分布

イヌギンポは、屋久島、琉球列島、済州島、台湾、東インド洋-西太平洋の熱帯域での観察記録がある。

     

和名 : イヌギンポ(スズキ目イソギンポ科ハタタテギンポ属)
学名 : Petroscirtes variabilis
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : 7m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)