イレズミハゼ

イレズミハゼ
イレズミハゼ
春の大潮に近づくにつれ、干潮時の水位も低くなり始めました。
そうなるとタイドプールで遊びたくなるワタシ。
そんなお楽しみ中、色々な生物と対面していると背後で女性の叫び声。
ワタシが微動だにしなかったうえに背中が完全に乾いていたことで、てっきり人が死んでると思われたようで・・・
驚かせてスイマセン・・・ (笑)

さて、
イレズミハゼは、タイドプールで普通に見ることができる小さな小さなハゼです。
写真の通り模様も色合いも抜群に綺麗。彼らをリラックスさせることさえできれば撮影そのものは簡単だと思う。
よく似たフトスジイレズミハゼとは生息水深も違うし、項部から二叉する横帯が同幅であることでも区別することが可能です。

イレズミハゼは、水深2m以浅の砂底、藻場、死サンゴ塊下、タイドプールの穴などに単独またはペアで生息するイレズミハゼ属の魚です。小笠原諸島、八丈島、紀伊半島、種子島、屋久島、琉球列島、インド・太平洋に分布。
和名 : イレズミハゼ
学名 : Priolepis semidoliata
撮影日 : 2012年2月11日

生息環境的にはこんな感じ。
ちょっとした窪みの天井に対して逆さまになっていることが多いです。
イレズミハゼ

過去にUPしたものもあります。
● イレズミハゼ
● イレズミハゼのペア
● イレズミハゼ

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)