ウミギクガイモドキ

ウミギクガイモドキ
ウミギクガイモドキ
海の日を含む3連休あたりからダイバー仲間がたくさん来沖していたので、飲み会にダイビングにエイサーにと忙しい日々を過ごしていた。
マニアックな方はいなかったので ホタテツノハゼスミレナガハナダイハナゴンベヘルフリッチ とポピュラーな旬のハゼを紹介。少しは楽しんでもらえたかな?

写真はウミギクガイモドキ。
基本的にガイド中はあまり撮影しないようにしているので数少ない写真の一つ。

ウミギクガイモドキは、イバラカンザシ(ゴカイの仲間)などと同様、サンゴに穴を開けて生息する二枚貝の仲間。
パッと見では貝殻がほとんど見えず、腹縁部だけを出しているので何も知らないダイバーはサンゴの一部と思っているかも知れないが二枚貝の仲間である。

写真下のようにもう少し幼い個体になると、まだサンゴに埋没しきっておらず貝殻の様子を観察することも出来るので、安全停止がてら観察してみるのも面白いかも知れません。

ウミギクガイモドキ

和名 : ウミギクガイモドキ
学名 : Pedum spondyloideum
撮影日 : 2012年7月15日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)