エリグロギンポ

エリグロギンポ

エリグロギンポ
エリグロギンポの正面顔で鰭全開ならぬヒゲ全開

今日は予報が良い意味でハズれてくれたおかげで近場で楽しむことが出来ました。
水温は20℃ですが、新しいロクハンなので水中ではまったく寒さも感じることなく夏場と同じような感じで潜れています。

Sea&Seaのハウジングは一度もメンテナンスをしたことがないからなのか、シャッターボタンを押しても戻らない状態になり撮影しづらい状況です。・・・と言っても、ダイビングやタイドプールで撮影している内に正常に戻りましたが (笑)
そろそろメンテナンスに出さないとあきませんかねぇ。

写真はエリグロギンポ。意外と綺麗な魚です。
エリグロギンポは、サンゴ礁域の礁縁部付近で普通に見かけるイソギンポ科の魚類。腹鰭の直前にとても目立つ暗色斑があること、背鰭前方の基部に暗色皮弁があることで他種と区別可能。
エリグロギンポは、琉球列島、西部太平洋の熱帯域に分布する。
和名 : エリグロギンポ
学名 : Crossosalarias macrospilus
撮影日 : 2012年2月25日

エリグロギンポ
エリグロギンポの全身

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)