オオモンハゲブダイ

オオモンハゲブダイ
ゴールデンウィーク前半戦はこれまでと異なるレンズを使用したのでブダイも撮れる。
写真はオオモンハゲブダイの雄相。
目の後方にある大きな橙色斑が目印になります。あとは背鰭に橙色の縦帯が2本走ることも特徴。

沖縄本島のダイビングでは、結構普通に見れるブダイの仲間だが体長が50cm前後はあるため、撮影するにはある程度画角の広いレンズが必要になってくる。
この写真だと52mm相当の設定で撮影しています。
結構広範囲を泳ぎ回るので、ブダイの仲間の撮影はまた違った意味で大変でした。

オオモンハゲブダイは、琉球列島、フィリピン、インドネシア、パラオに分布。
和名 : オオモンハゲブダイ
学名 : Chlorurus bowersi
撮影日 : 2013年4月28日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -6m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)