オグロベラ雄相

沖縄本島のダイビングで撮影したオグロベラ(雄相)の水中写真

今日の沖縄本島は、夏日の様な一日でしたが、夜になると南から北に向けてゆったりと涼しい風が入ってきます。
ここ最近、色々と忙しくしているので更新が滞り気味です。

沖縄本島のダイビングで撮影したオグロベラ(雄相)の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したオグロベラ(雄相)の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したオグロベラ(雄相)の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したオグロベラ(雄相)の水中写真

オグロベラ雌相でも書きましたが、オグロベラ属の中では割と個体数の多い仲間だと思っています。

ただ、見かける時は水深が深いエリアなので、わざわざ貴重な水中時間を使ってまで一生懸命に撮影する気になれない・・・というのが本音。

オグロベラの外観特徴

オグロベラの雄相は尾鰭の後半部が黒い。オグロベラの雌相については体地色がピンク色に近く、吻部全体が黄色いことで区別可能。

オグロベラの分布

オグロベラは、伊豆諸島、小笠原諸島、静岡県富戸、和歌山県串本、高知県柏島、愛媛県愛南、屋久島、沖縄県伊江島以南の琉球列島、台湾、東沙群島、インド-太平洋(ツアモツ諸島以東を除く)からの報告がある。

和名 : オグロベラ ※雄相(スズキ目ベラ科オグロベラ属)
学名 : Pseudojuloides cerasinus
撮影日 : 2010年2月11日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -29m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM