カスリヘビギンポ

全身ずぶ濡れになりながら出勤した今朝。台風より激しい雨でした。
ここ数年の気象状況を見ていると亜熱帯の沖縄は熱帯に、温帯の日本は亜熱帯に変わったのではないかと思う。
と言うか、そう思った方が自然に思えます。
カスリヘビギンポ

カスリヘビギンポ

写真は「カスリヘビギンポ」。
体長3cm程度の小型な可愛い魚類。

ハマサンゴなどの上にちょこんと乗っかるような場面に遭遇することがよくあり、沖縄本島のダイビングでは普通種です。
この写真のカスリヘビギンポは、少し若い個体の様にも見えますね。

また体色に雌雄差がなく、動きが速いヘビギンポの仲間です。

カスリヘビギンポの外観特徴

透明な体にカスリの様なまだら模様が入り下顎が上顎より前方に突き出ていることが特徴。

その他

外観特徴の通り、カスリ模様に見えることが和名の由来。

カスリヘビギンポの分布

屋久島、奄美大島以南の琉球列島~東インド-太平洋(ラパ諸島まで;ハワイ諸島を除く)での観察記録がある。

和名 : カスリヘビギンポ(スズキ目ヘビギンポ科カスリヘビギンポ属)
学名 : Ucla xenogrammus
撮影日 : 2014年6月29日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -5m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です