カブラヤスズメダイ

カブラヤスズメダイ濃いVer.1
カブラヤスズメダイ濃色Ver.

観測史上5番目の早さで沖縄地方は梅雨明けしました。
もっともオイシイ季節の到来ですね。^^

写真は、カブラヤスズメダイ(Chromis ternatensis)。
カブラヤスズメダイ(Chromis ternatensis)は、屋久島、琉球列島、インド・太平洋に分布する、潮通しの良い礁斜面などに群れを作って生息しているスズメダイの仲間。
尾鰭の上下両葉に黒色帯があり、腹部は白く斑紋がないことが外観の大きな特徴。

観察していると、興奮しているのか理由は分からないが、体色が時折濃くなることがあった。写真(1枚目)(2枚目)は濃色バージョン。写真(3枚目)と(4枚目)は体色が淡くなっているバージョン。
理由は一体何なのだろうか・・・。

標準和名のカブラヤスズメダイは、尾鰭上下の黒色帯から 『鏑矢雀鯛』 というところだろうか。

カブラヤスズメダイ濃いVer.2
カブラヤスズメダイ濃色Ver.

カブラヤスズメダイ薄いVer.1
カブラヤスズメダイ淡色Ver.

カブラヤスズメダイ薄いVer.2
カブラヤスズメダイ淡色Ver.

和名 : カブラヤスズメダイ
学名 : Chromis ternatensis
撮影日 : 2013年6月8日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -12m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)