カマストガリザメ

【沖縄本島のダイビングで撮影したカマストガリザメの水中写真】

今日は、日本人なら誰でも一度は経験している『七五三』。

男の子の場合は、数えで3歳と5歳の年に、女の子の場合は、3歳と7歳の年に成長を祝い社寺に参詣を行う。
3歳の年は、髪を伸ばすという意味で「髪直」。5歳の年は、初めて袴をつける「袴着」。7歳の年は、本仕立ての着物と丸帯といった大人の装いをする「帯解」をそれぞれ祝うという意味が込められている行事である。

我が家も今年は七五三(^^)

     

カマストガリザメ

写真は、恩納村のビーチで撮影したカマストガリザメ。
如何せん、距離が遠すぎてシルエットっぽくなってしまったが、105mmでよく撮影できたと思う。

写真を加工して見ると、一見ホウライザメのようにも思えたが、尾鰭の特徴でカマストガリザメだと分かった。

水深-2m~-70mまでに生息しており、大陸棚や島棚沿岸の表層、しばしば外洋にも出現する事で知られている。

沖縄本島の西海岸にある恩納村のビーチでは、このサメが多い時で7匹程度泳いでいる事がある。

沖縄本島のダイビングで撮影したカマストガリザメの水中写真
カマストガリザメ (230cm SL)

     

カマストガリザメの外観特徴

カマストガリザメは、第一背鰭の起部が胸鰭基底後端の直上か、やや後ろ。

     

カマストガリザメの分布

カマストガリザメは、有明海、天草灘、琉球列島、八重山列島;全世界の熱帯~亜熱帯域からの報告がある。

     

和名 : カマストガリザメ(メジロザメ目メジロザメ科メジロザメ属)
学名 : Carcharhinus limbatus
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -12m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)