カモハラギンポ

イルミネーションのイベント「光の●●」なんてキーワードを見ると、クリスマスを間近に感じさせられる土曜日。
ちょっと肌寒い沖縄本島です。
カモハラギンポ
写真は、『カモハラギンポ』
ダイバーには伊豆~沖縄本島のダイビングでもお馴染みの普通種。

成魚は見た目もほとんど真っ黒に近いので普通に撮影しても写真映えしないが、ペアリングしているところを青抜きで撮ってみると水中での躍動感が多少でも伝わるのかも知れない。

ヒゲニジギンポと似るが、腹側が白くないことや、黒色縦帯が網目状になることで区別が可能だと思います。

カモハラギンポ

カモハラギンポは、伊豆諸島、相模湾~屋久島の太平洋沿岸、トカラ列島、奄美大島、沖縄諸島での観察記録がある。

和名 : カモハラギンポ(スズキ目イソギンポ科ヒゲニジギンポ属)
学名 : Meiacanthus kamoharai
撮影日 : 2010年3月22日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -8m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)