カリラ12年 アンピーテッド 57.6度 700ml

カリラ 12年 アンピーテッド 57.6度 700ml
日曜日の夜ギリギリまで良い海況だった沖縄本島の西海岸。
夜中から徐々に荒れ始め、月曜から結構荒れています。
平日に西海岸の海況が良いとムズムズするので精神衛生的にはこちらのほうが良いかと。

今日は自宅のお酒の一つをご紹介。

写真のシングルモルトは、最近自宅で常備しているウイスキーの一つ 「カリラ」。
カリラの中でも度数は57.6度。アンピーテッド&カスクストレングス仕様で2010年のボトリングです。

CAOLはゲール語で「海峡」、ILAは 「アイラ島」。
アイラ海峡に面した海岸に蒸留所が創設されており、ナムバン湖の水を現在でも水源として利用しています。

カリラ12年アンピーテッドの解説を見ていると、「ピート処理されていないニューポットを用いてファーストフィルバーボン樽で12年熟成させる」とあります。

ウイスキーの中でもバーボン以外ではアイラが圧倒的に良いと個人的に思っているのですが、アロマ的な感じや口に含んだ時の滑らかさ、何より甘美な香りが良いですね。

カリラそのものはスパイシーで超辛口モルトと言われていますが、カリラ12年アンピーテッドはピート処理をされていない為、とてもまろやか。
度数が57.6度と高いため逆に甘く感じ、カスクストレングスのしっかりとした芯のある味わいだと思います。

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)