キイロウミウシ

【紀伊半島のダイビングで撮影したキイロウミウシの水中写真】

偽母乳のニュースを見て、ネット通販で母乳が販売されているのを初めて知りました。
複数の検査機関で調べたところ、実態は少量の母乳に粉ミルクと水を混ぜ合わせただけであり、細菌は1,000倍もあったそうです。またβラクトグロブリンという母乳には含まれないはずの成分が検出され、乳アレルギーの乳児が飲んだ場合は強い反応が出るレベルだということです。
個人的な考えで言わせてもらうと、100%母乳だったとしても、主が分からない母乳よりも粉ミルクのほうが圧倒的に安心安全だと思います。

紀伊半島のダイビングで撮影したキイロウミウシとアオウミウシの水中写真
紀伊半島のダイビングで撮影したキイロウミウシとアオウミウシの水中写真
紀伊半島のダイビングで撮影したキイロウミウシの水中写真
紀伊半島のダイビングで撮影したキイロウミウシの水中写真

写真は和歌山県・紀伊半島のダイビング時に撮影したキイロウミウシの水中写真。
本州で撮影したウミウシ写真なので、アオウミウシとのツーショットも一枚入れておきましょう。

背面周縁を縁取る線が黄色っぽい個体はキイロウミウシから外され、”ドリプリスマティカ属の一種(Doriprismatica sp.)”という別種になるようです。
写真の個体は背面周縁を縁取るラインが黒いので、”キイロウミウシ”そのものということになります。

数年前までは、”Glossodoris”という属名でしたが、その後見直され、”Doriprismatica”へと変更されています。

キイロウミウシの外観特徴

・体地色は、白色から黄白色(全体に褐色を帯びる個体もいる)
・触角、鰓は黒色
・背面の周縁は黒色線にて縁取られ、細かく波打っている

キイロウミウシの分布

インド・西太平洋からの報告がある。

和名 : キイロウミウシ
学名 : Doriprismatica atromarginata
撮影日 : 2004年9月23日
撮影場所 : 和歌山県 紀伊半島
撮影水深 : -6m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)