キオビスズメダイ

お向かいの家から三線を練習しているのだろう。
時々詰まりながらも三線の音色が聞こえてくる。なんか平和だな・・・
キオビスズメダイ
写真は「キオビスズメダイ」です。
水深-1m~-12m付近の内湾や礁湖にある枝状サンゴの根本に密生する藻類のあるところに生息し、縄張りを持つとされています。

僕が観察しているのは、基本的に水深2m以浅に生息する浅場のスズメダイばかりですが、日曜日に観察していたシマギンポと同じ真水の混じる汽水エリアで観察できました。

以前投稿したように、キオビスズメダイが婚姻色になると、クロソラスズメダイの婚姻色に似ているため水中では見分けにくい場合がありますが、背鰭後端にある眼状斑の前部が白く縁取られることで区別が出来ると思います。

キオビスズメダイ

キオビスズメダイは、和歌山県、長崎県野母崎、琉球列島、尖閣諸島;台湾南部、西沙群島、東沙群島、南沙群島、インド-太平洋(ハワイ諸島とイースター島を除く)での観察記録がある。

和名 : キオビスズメダイ(スズキ目スズメダイ科クロソラスズメダイ属)
学名 : Stegastes albifasciatus
撮影日 : 2012年4月8日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -20cm

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)