キオビスズメダイ

今日から3連休にも関わらず、国内の旅行自粛ムードの影響で 「わ」 ナンバーが少なく感じる沖縄本島。
(要因は別にあるのですが) 実際に沖縄への観光客は昨年12月から3ヶ月連続で減少しており、今月は災害の影響で宿泊キャンセルが5千人以上出ているようです。キツイ話ですわ。
キオビスズメダイ
今日からダイビング活動再開。
開始早々の1本目、初見のスズメダイと遭遇。実際は別の捜しものを行っていたのですが・・・
写真はキオビスズメダイの婚姻色(興奮色)
コントラストがビンビンになるぐらい濃色になり、テリトリーを守っている様子が観察できました。

キオビスズメダイはサンゴ礁の波の荒い2m以浅に生息。キオビスズメダイの背鰭基底後端には黒斑があり、その黒斑の前が白く縁取られること、また体側に幅広い白横帯(不明瞭になることもある)があることが特徴のようです。
今回キオビスズメダイを数個体見かけることができました。

キオビスズメダイは、和歌山県、長崎県野母崎、琉球列島、尖閣諸島;台湾南部、西沙群島、東沙群島、南沙群島、インド-太平洋(ハワイ諸島とイースター島を除く)での観察記録がある。

和名 : キオビスズメダイ(スズキ目スズメダイ科クロソラスズメダイ属)
学名 : Stegastes albifasciatus
撮影日 : 2011年3月19日

キオビスズメダイ

沖縄本島のダイビング OKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)