キバラヨシノボリ

【沖縄本島の河川で撮影した キバラヨシノボリ の水中写真】

ドン・キホーテが、銀行業への参入も視野か。

セブン&アイやイオンは既に銀行業を営んでいるし、ローソンも準備会社を設立済み。ユニー・ファミリーマートも検討中なのであり得るか。

単にモノを売っている時代が終わって、他分野への参入を行うなど、企業側もどんどん進化していかないと生き残れない時代になってきたな。

     

キバラヨシノボリ

写真は、絶滅が危惧されている 淡水魚 キバラヨシノボリ 。

本個体は、すべて陸封されている淡水上流域の 成魚・若魚・幼魚を撮影したもの。

沖縄本島 河川 で撮影した キバラヨシノボリ 成魚 の 水中写真
沖縄本島 河川 で撮影した キバラヨシノボリ 成魚 の 水中写真 (向かって左側)
     

キバラヨシノボリ は、日本の絶滅危惧 IB 類 EN に指定されている 稀少な魚類の一つとなっており、鹿児島県では保護条例により採取が禁止されている希少種。

     
沖縄本島 河川 で撮影した キバラヨシノボリ 若魚 の 水中写真
沖縄本島 河川 で撮影した キバラヨシノボリ 若魚 の 水中写真
     

希少とは言っても、私が知るフィールドには ゴクラクハゼシマヨシノボリナガノゴリ その他と同所的に観察することが出来ているので、観察する河川によって素人目線から見た時の印象はガラリと変わるのかも知れない。

     
沖縄本島 河川 で撮影した キバラヨシノボリ 幼魚 の 水中写真
沖縄本島 河川 で撮影した キバラヨシノボリ 幼魚 の 水中写真
     

平行進化

「平行進化とは、共通の祖先をもつ生物が類似した形態・性質を示す方向に進化してゆくこと」と大辞林には記されている。

簡単に言うと、キバラヨシノボリの祖先は、クロヨシノボリ
クロヨシノボリの祖先もクロヨシノボリということ。

河川は時間の経過と共に形状が変わるため、海に下りることができずに河川の上流に隔離(陸封)されてしまう場合があるのだが、そういった理由からクロヨシノボリが「遺伝的には独立して進化しつつも形態は同一」という進化を経てキバラヨシノボリが誕生した事が判明したという研究結果が以前発表されていた。

これは、典型的な「 平行進化 」の好例とも言われている。

クロヨシノボリ の一部が キバラヨシノボリ へと進化した結果、生殖機能についても乖離しており、同所的に分布している場所でもクロとキバラの交雑個体(ハイブリッド)は確認されていない。

また、クロヨシノボリ は 仔魚期 に川を下り、海を経由して別の河川へ渡る事もあるが、 キバラヨシノボリ については、河川から別の河川への移動分散がほとんど無いため、河川ごとに異なる独自性を持つ集団を形成していると考えられている。

予めこういった事を知っておくだけで、大人の川遊びがさらに面白くなるような気がする。

     

キバラヨシノボリ の外観特徴

・尾鰭中央に点列が多数ある
・第二背鰭と尾鰭は幅広い黄色で縁取られる

     

キバラヨシノボリ の分布

キバラヨシノボリ は、奄美大島から琉球列島にのみ分布する。

     

和名 : キバラヨシノボリ ( スズキ目 / ハゼ亜目 / ハゼ科 / ヨシノボリ属 )
学名 : Rhinogobius sp.YB
撮影場所 : 沖縄本島中部の河川
撮影水深 : -0.2m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)