クラカオスズメダイ

沖縄本島のダイビングで撮影したクラカオスズメダイの水中写真

今日はポカポカを越え、南風と陽射しがちょっぴり肌に突き刺さる様な沖縄本島。明日の朝には前線通過とともに北風に変わり寒波に見舞われるようだ。週末にかけてかなり寒くなるらしいので体調には気をつけたいところ。

沖縄本島のダイビングで撮影したクラカオスズメダイの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したクラカオスズメダイの水中写真

クラカオスズメダイは、水深-1m~-40mまでのサンゴ礁域に生息する大型のスズメダイ。写真の個体も体長は9cm程度あり、体高も高いことでより大きく見える。

沖縄本島で潜ると簡単に誰でも見ることが出来る普通種だが、ナイトダイビングでは体色が一変して、写真2枚目の様に様変わりしてしまう。

沖縄本島のナイトダイビングで撮影したクラカオスズメダイの水中写真
沖縄本島のナイトダイビングで撮影したクラカオスズメダイの水中写真

クラカオスズメダイの外観特徴

クラカオスズメダイは、水深15m以浅のサンゴ礁域などで普通に見かけるスズメダイ。
体側に4~5本の淡い暗色横帯が走っていることで近似のニセクラカオスズメダイと区別可能。

クラカオスズメダイの分布

クラカオスズメダイは、屋久島、琉球列島~台湾南部、東沙群島、東インド-西太平洋、マーシャル諸島、カリブ海クラカオ島での観察記録がある。

和名 : クラカオスズメダイ(スズキ目スズメダイ科クラカオスズメダイ属)
学名 : Amblyglyphidodon curacao
撮影日 : 写真(上)2011年12月18日 写真(下)2010年6月1日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)