クループ症候群

クループ症候群

酸素テント
『クループ症候群』。
あまり聞き慣れない病名ですが、細菌などのウイルス感染で発症する急性喉頭炎です。

症状の程度は人によってまったく異なるようで、軽い治療で済む場合もあれば、重篤化して命を落とす例もあるようですので、軽く見ないほうが良い病気です。

ウチの場合は重篤化した部類に入る様で、しばらくブログを更新していなかったのはこのため。

発症する10日以上前から聞いたことがない咳をしていたので、この時点で沖縄の小児科で受診したのですが、軽い風邪でしょうという診察結果。
その後、本州に帰省している日の夜中に呼吸困難に陥り救急搬送。偶然にもその日の夜勤担当医が小児科の先生だったので善処していただき一命は取り留めたものの翌日に即入院。

赤ちゃんは気道が狭いため、少しでも咽頭が腫れると呼吸が妨げられ、血中の酸素濃度が低下して危険な状況になるのです。
2日間程はヤマだと言われ、私も急遽駆けつけて病院で寝泊まりしていたのですが、抗炎症剤の投与と酸素テントのお陰で日に日に改善されていき、最終的に5泊6日の入院生活を経て無事に退院することができました。

赤ちゃん 点滴
赤ちゃんの場合は動き回るので、点滴を行うのも包帯でぐるぐる巻きにされて完全固定されます。
見ていて痛々しかった。親として。

まだまだ後の治療は残っていますが、今は以前以上にパワーアップしてオモチャを破壊しかねないぐらいに元気になりました。^^
元気
あと少し残っている治療の完治に向けて頑張らなければ。

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です