クロオビアトヒキテンジクダイ

【沖縄本島のダイビングで撮影した クロオビアトヒキテンジクダイ の水中写真】

沖縄地方は、昨日5月8日に梅雨入り。

とは言っても、ずっと雨が降っている訳ではなく、割と晴れ間の広がる日が多く、むしろ冬の沖縄と比較するとお天気は良い。

それよりも終息に向かいつつある麻疹だったが、今日新たに2名の感染が確認されたらしいので、まだまだこちらのほうが気になるニュースではある。

早く完全に消え去って欲しい。

     

クロオビアトヒキテンジクダイ

写真は、沖縄本島 西海岸 の ダイビング で撮影した クロオビアトヒキテンジクダイ 。

沖縄本島 ダイビング で撮影した クロオビアトヒキテンジクダイ 水中写真 ( 5cm SL )
沖縄本島 ダイビング で撮影した クロオビアトヒキテンジクダイ 水中写真 ( 5cm SL )
     

クロオビアトヒキテンジクダイ という長い名前の テンジクダイ は、 テンジクダイ科 の中でも大好きな部類に入ります。

シルバーの体に、太い黒帯が体側に入り、オレンジの二重線の並びがカッコイイ。

特にカモフラージュする訳でもなく、まるでデザイナーが描いたアートの様にも思えてしまう。

     
沖縄本島 ダイビング で撮影した クロオビアトヒキテンジクダイ 水中写真 ( 5cm SL )
沖縄本島 ダイビング で撮影した クロオビアトヒキテンジクダイ 水中写真 ( 5cm SL )
     
沖縄本島 ダイビング で撮影した クロオビアトヒキテンジクダイ 水中写真 ( 5cm SL )
沖縄本島 ダイビング で撮影した クロオビアトヒキテンジクダイ 水中写真 ( 5cm SL )
     

カメラを向けると、サンゴの枝間に入っていくので性格は臆病なテンジクダイの仲間。

沖縄本島 の ダイビング で クロオビアトヒキテンジクダイ を見られる海域もだいぶ限られているということもあり、見かけると必ず撮影している魚類の一つでもある。

     

クロオビアトヒキテンジクダイ の分布

クロオビアトヒキテンジクダイ は、琉球列島~西太平洋(バヌアツ諸島まで)、オーストラリア北西岸での観察記録がある。

     

和名 : クロオビアトヒキテンジクダイ ( スズキ目 / テンジクダイ科 / アトヒキテンジクダイ属 )
学名 : Archamia zosterophora
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -4m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)