クロオビハゼ

クロオビハゼ
クロオビハゼ
木曜日は今週で唯一の休肝日。
野菜ジュースと牛乳を飲んで寝ました 笑
健康診断の数値では、「ゲゲッ!」と思う数値があんなとこやこんなとこに出てきているので、不摂生しないようにしないとね。
少なくともお酒を飲んで翌日起きたらお昼だった。みたいなことはせんようにしないとね。

写真はクロオビハゼ
オバケインコハゼ をUPした時に、今まで撮った泥ハゼの普通種を投稿していないことに気付いたので。
泥ハゼ普通種、まだまだ写真あるわ~。

クロオビハゼ
内湾の湾奥などに生息している割と大型のハゼで、軟泥底、泥底、砂泥底といった環境の巣穴上でホバリングしています。体側中央に暗褐色の縦帯が走っていることが和名の由来。縦帯を境に背側は灰色、腹側は白色であることが外観の特徴。
琉球列島、西部太平洋に分布。
写真(上)がノーマルタイプで、写真(下)は黄変個体の幼魚。黄変個体はちょっと昔まで ”ヒメコガネハゼ” とも言われてたっけ。

和名 : クロオビハゼ
学名 : Myersina nigrivirgata
撮影日 (上)2011年1月30日  (下)2008年5月5日

クロオビハゼ黄変個体yg

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)