クロヘリアメフラシ

【沖縄本島のダイビングで撮影したクロヘリアメフラシの水中写真】

今日も一方が微熱につき室内遊び。
世の中の子供たちも同じように、しょっちゅう病気をするのだろうか。皆さん毎週のように出掛けまくっているイメージがあるのだが。
いずれにしても今日は力士と会う予定があるので、抱っこしてもらおう。
お相撲さんに抱っこされれば健やかに育つはずだ。

     

クロヘリアメフラシ

本日は、クロヘリアメフラシの水中写真。
体長10mm~20mm程度のウミウシの仲間。

アメフラシという名前が理由で、雨が多い責任を理不尽に負わされているような気がする海中生物の一つ。

海の中で出会う時は、写真のように大抵上に向かって吠えている怪獣のようなイメージがある。

写真個体の背面にはコペポーダの産み付けられて卵塊のようなものが確認できる。

沖縄本島のダイビングで撮影したクロヘリアメフラシの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したクロヘリアメフラシの水中写真
     

クロヘリアメフラシの分布

クロヘリアメフラシは、世界中の熱帯域、温帯域に広く生息する。

     

和名 : クロヘリアメフラシ
学名 : Aplysia parvula
撮影日 : 2010年5月9日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)