クロヘリイトヒキベラ

クロヘリイトヒキベラ
クロヘリイトヒキベラ雄相
今日はぬくい・・・というより暑い沖縄でした。
ランチを食べにスーツで外出すると汗ダラダラになるぐらいの熱気でした。

写真はクロヘリイトヒキベラ。(写真上が雄相、下が雌相)
昨日の クジャクベラ を書いていて一度も投稿していないことに気付いたので忘れない内にUPしておこうかと。
沖縄本島ご当地ではもっとも数が多いイトヒキベラではないでしょうか。生息水深も7~8m辺りから30m付近まで広がりがあり、単体ではなく小さく群れて生息しています。
写真に気合いが見られないのはそのせいかな・・・
クロヘリイトヒキベラは、南日本の太平洋岸、琉球列島、東部インド洋~西部太平洋の熱帯域に分布する。

和名 : クロヘリイトヒキベラ
学名 : Cirrhilabrus cyanopleura
撮影日 : 2009年6月13日

クロヘリイトヒキベラ雌相

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)