クロユリハゼ

お正月ムードも去り、世の中は一気にバレンタイン商戦といった雰囲気。
そう言えば台風1号が密かに発生していましたが、今年は最小限の影響でやり過ごせたらいいのになぁと思う。
先々週の西海岸某所で水温が22度台だったので、やはり温暖化の影響か何かで海水温の高い状態が続いているのでしょうね。
この時期で22度台は驚きでした。
クロユリハゼ
『クロユリハゼ』
水深-3m~-15mのサンゴ礁域や岩礁域の砂礫、砂底に生息しており、やや中層辺りでペアリングしている様子を見かけます。

体の色彩は、後半部が黒青色であることや、尾鰭の上下縁に黒色線があることで容易に区別可能。

クロユリハゼは、八丈島、小笠原諸島、千葉県勝浦~屋久島の太平洋沿岸、トカラ列島、琉球列島;台湾南部、南沙群島、インドー太平洋(紅海を含みオーストラル島まで;ハワイ諸島を除く)での観察記録がある。

和名 : クロユリハゼ(スズキ目ハゼ亜目クロユリハゼ科クロユリハゼ属)
学名 : Ptereleotris evides
撮影日 : 2013年11月10日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)