グルクマ

グルクマ
この週末はダイビングに住居や車の打ち合わせ数件に仕事にとてんてこまいだった。
しかも深場の捜索をしようと思っていたのにダイコンは忘れるし、車に積んでいたバスタオルは昔コンビニで仕方なく買ったスヌーピー柄のものしかなく焦った。

そして入った久々の真栄田岬は強烈だった台風17号の影響でツバメの根は一部崩れてたり浅所のサンゴはほぼ壊滅的な状態になっていた。

自然のことなので仕方ないが、夏場にデバスズメダイが群れていたりここ数年賑やかになっていた色とりどりのサンゴがなくなったのには改めて驚かされた気分。

写真は冬の風物詩である 「グルクマのアゴはずし」。
夏の終わり頃から沿岸で群れ始めるサバ科の魚グルクマ。彼らの姿が海中で見え始めるともうすぐ夏が終わるんだなと毎回思わされる。
写真は105mmマクロレンズで撮影したものですが、これからしばらくの間は表層から中層近くで大口を開けて群れて泳ぎ回っているのでワイド写真にはちょうど良いかも知れない。

グルクマ

グルクマ

過去にアップしたグルクマ(1)、グルクマ(2)もどうぞ。

和名 : グルクマ
学名 : Rastrelliger kanagurta
撮影日 : 2012年10月27日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -2m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)