ケショウハゼ

【沖縄本島のダイビングで撮影したケショウハゼの水中写真】

明治8年に木村屋が明治天皇にあんぱんを献上した事から、今日は「アンパンの日」。
ちなみに絵を描くのは苦手だが、アンパンマンの絵だけは上手くなった。

     

ケショウハゼ

写真は、ケショウハゼ。

内湾の湾中央・奥部、泥底、砂泥底といった環境に生息するケショウハゼ属の仲間で、湾奥部では汽水域でも見かける事がある。

泳ぎ方が特徴的で、海底の数センチ上を滑るように移動するので、透明度の悪い海域で潜っていても比較的目に付きやすい。

『Oplopomus』に日本語『ケショウハゼ属』という和名を付したのは明仁親王。

     
沖縄本島のダイビングで撮影したケショウハゼの水中写真(8cm SL)
沖縄本島のダイビングで撮影したケショウハゼの水中写真(8cm SL)
     
沖縄本島のダイビングで撮影したケショウハゼの水中写真(8cm SL)
沖縄本島のダイビングで撮影したケショウハゼの水中写真(8cm SL)
     

ケショウハゼの外観特徴

ケショウハゼは、尾鰭基底を挟んで黒斑が前後に並び、尾鰭側上方に小さな1黒斑があることで近似するウスゲショウハゼと区別が可能。
また頬と鰓蓋部には鱗がないことや前鰓蓋部に棘がある。

     

ケショウハゼの分布

ケショウハゼは、琉球列島;台湾南部、インド-西太平洋(紅海を含む)、ソサエティ諸島での観察記録がある。

     

和名 : ケショウハゼ(スズキ目ハゼ亜目ハゼ科ケショウハゼ属)
学名 : Oplopomus oplopomus
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : -7m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM