コジカイソハゼ

最近は母乳栄養が推進されていることや日光浴の不足、そして偏った食事などの原因が重なるとビタミンDが大きく欠乏して”くる病”にかかる乳幼児が多いそうな。
我が家も気を付けなければ。
コジカイソハゼ

コジカイソハゼ

写真はコジカイソハゼ
コジカイソハゼは、随分前に出版された「決定版 日本のハゼ」のイソハゼ属の1種-4に対して、2012年に提唱された標準和名。
この時はギンギンにエエ色が出ていたので撮影しました。
写真3枚目の様に、近くに雌個体がいたからなのかも知れません。
このギラギラしている時間は短く、撮影しようと近づくと距離を保とうとするので運が良かったのかも知れない。
近似種でアオイソハゼともう一種いるそうです。

脊柱上縁の白色縦列斑が胸鰭上部から数えて8個であることや小赤色点が全体に規則的に分布する。

普段は地味な感じがするイソハゼも、婚姻色なのか興奮色なのかギラギラした時はフォトジェニックで魅力的な色合いになります。
以前投稿したキンホシイソハゼなんかもギラギラしていてフォトジェニックだったな。

コジカイソハゼも下顎がグンと膨らむと勇ましい顔になりました。
コジカイソハゼ

写真奥がコジカイソハゼ雄個体で、手前のボケている個体がコジカイソハゼの雌。
コジカイソハゼ

和名 : コジカイソハゼ
学名 : Eviota pellucida
撮影日 : 2014年4月27日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -19m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)