フジタウミウシ属の一種

コソデウミウシ
写真はコソデウミウシ →追記:名称が変わりました『フジタウミウシ属の一種』
体長は10mm程度。

冬の沖縄本島のダイビングのメッカとなった金武湾(レッドビーチ)で撮影したものです。
以前は「コソデウミウシ」と呼ばれていたウミウシなので、仲間内で「コソデエリア」と呼んでいるいう場所で撮影していました。

和名 : – フジタウミウシ属の一種
学名 : Polycera sp. 2
撮影日 : 2009年3月8日
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : -12m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)