コノハミドリガイ

【紀伊半島のダイビングで撮影したコノハミドリガイの水中写真】

台風が3つ同時に発生している影響で、沖縄本島も暴力的な風や雨が時折吹き付ける様になってきました。
今回の台風の内、台風第9号 (チャンホン)が主に沖縄地方に影響を与えそうな気配です。進路が徐々に西側にズレ、宮古島辺りを直撃しそうな気配があります。
あと気になるのは、台風第11号 (ナンカー)。
進路を東へ曲げて本州に近い太平洋沿岸を走るような予報になっていますので、そちらへお住まいの皆様は注意してくださいね。
サーフィンもあきませんよ。

紀伊半島のダイビングで撮影したコノハミドリガイの水中写真
紀伊半島のダイビングで撮影したコノハミドリガイの水中写真

写真は和歌山県・紀伊半島の田辺にて撮影したコノハミドリガイの水中写真。
コノハミドリガイの模式産地はカリブ海となっており、極めて分布の広い種だと言われています。

地味なウミウシですが、コノハミドリガイ(Elysia ornata)と、近似種と言われている”Elysia grandifolia”の違いがよく分かりません。

コノハミドリガイの外観特徴

・体地色は半透明の緑色(濃い緑色、白色、黄色と変異に富む)
・側足の周縁は黒く縁取られ、その内側は黄色または橙色(白色帯を持つ個体もいる)
・触角の先端半分ほどは側足の周縁と同色になる
・体全体に黒色、白色の細かい点が散在する(白色を欠く個体、青色斑点を持つ個体もいる)

コノハミドリガイの分布

カリブ海・インド・西太平洋の熱帯域からの報告がある。

和名 : コノハミドリガイ(チドリミドリガイ科ゴクラクミドリガイ属)
学名 : Elysia ornata
撮影日 : 2004年9月28日
撮影場所 : 紀伊半島
撮影水深 : -4m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM