コバンザメ

コバンザメ
今日も直射日光が痛いぐらいの沖縄本島でした。最近は日曜日の遅くから月曜日にかけて海が凪いでいくパターンが多いような気がします。

写真はコバンザメ。
頭の上に第一背鰭が変化した吸盤を持っているちょっと変わった魚類。

沖縄本島のダイビングでは、大なり小なり色々な大きさのコバンザメに出会うことが多いが、この時出会ったコバンザメは、まずまず大きな個体だった。
体側中央に一本の黒い縦帯が走ることがコバンザメの特徴だろう。

コバンザメが寄主とする対象として、書籍ではメガネモチノウオ、オニイトマキエイ、ジンベエザメ、ウミガメ、イルカが記載されているが、沖縄本島のダイビングでは中型のブダイに吸着しているシーンもよく見かける。

とあるコバンザメに関する論文によると、8種のコバンザメはそれぞれ魚種ごとに寄主とする相手が決まっているらしいが、まだそれらを明らかにした研究も少ないという記述もあり、生態についてはまだまだ知られていないことが多いようです。

コバンザメ

和名 : コバンザメ
学名 : Echeneis naucrates
撮影日 : 2007年8月26日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -18m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)