ゴクラクハゼ 幼魚

【沖縄本島の河川で採取した ゴクラクハゼ 幼魚 の水中写真】

子供向けに行われている、国際通りの金魚すくいならぬグッピーすくいから始まった水槽生活が、段々とアクアリウムライフに発展しつつある。

その後、子供たちと川遊びに行く度に採取をしていたので、既に50匹以上の魚類がひしめいており、グッピー×4匹用に購入した30cm水槽ではあまりにも手狭になってしまった。

3日に一度は水を替えているので、この個体数だと90cm水槽や、ろ過器が必要なんだろう。

リアルショップよりネットの方が安いが、ショップは説明を聞くことができるしな。。。

とりわけ、水槽の中で一番多いのが ゴクラクハゼ 。

メダカの餌でも食欲旺盛に食べており、元気元気。

個体数は40匹以上。

     

ゴクラクハゼ

写真は、 ゴクラクハゼ の幼魚 や 若魚 であり、基本的に河川の汽水域から下流域にかけて生息する種であるが、本個体はすべて封鎖された上流域で採取したものを撮影。

     
沖縄本島の河川で採取した ゴクラクハゼ 幼魚 の水中写真
沖縄本島の河川で採取した ゴクラクハゼ 幼魚 の水中写真
     
沖縄本島の河川で採取した ゴクラクハゼ 幼魚 の水中写真
沖縄本島の河川で採取した ゴクラクハゼ 幼魚 の水中写真
     
沖縄本島の河川で採取した ゴクラクハゼ 幼魚 の水中写真
沖縄本島の河川で採取した ゴクラクハゼ 幼魚 の水中写真
     
沖縄本島の河川で採取した ゴクラクハゼ 幼魚 の水中写真
沖縄本島の河川で採取した ゴクラクハゼ 幼魚 の水中写真
     

ゴクラクハゼ の外観特徴

ゴクラクハゼは、眼の直後まで鱗があること。
体側中央に黒色斑が縦列すること。近似する シマヨシノボリ とは、腹部が青くないことから区別するとされている。

     

ゴクラクハゼ の分布

ゴクラクハゼ は、茨城県、秋田県以南の本州、四国、九州、琉球列島、隠岐、隠岐、対馬、五島列島、朝鮮半島、黄海、東シナ海、南シナ海、台湾に分布する。

     

和名 : ゴクラクハゼ ( スズキ目 / ハゼ亜科 / ヨシノボリ属 )
学名 : Rhinogobius giurinus
撮影場所 : 沖縄本島 河川
撮影水深 : -0.2m

     

以前アップした ゴクラクハゼ もどうぞ。

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)