ゴテンカエルウオ

沖縄本島のタイドプールで撮影した ゴテンカエルウオ の水中写真

日本人には、昔から神社の露店や料亭でお馴染みのサザエ。

日本酒を落とし込んだ、サザエのつぼ焼きだったら何杯でも行けそうな気がするが、そんな日本のサザエに学名がなかったため、今回改めて付与されることで新種として登録された。
学者曰く、誰でも知っている生物だから学名があると思っていたそうな。

先入観や思い込みは怖いと改めて思った次第。

     

ゴテンカエルウオ

ゴテンカエルウオ の水中写真。

一度は、S先生に アオモンギンポ として同定されたが、その後 ゴテンカエルウオ として再同定された個体。

ゴテンカエルウオ の水中写真は、潮が引いて出来たタイドプールの中でも、外洋の波が強く当たるような環境で撮影したもの。

ゴテンカエルウオ の生息している環境は水深が浅すぎるうえに満潮時は強い波やウネリが当たるので、タンクを背負ったダイビングでの撮影はかなり困難だ。

完全に潮が引くのを待って、マスクとシュノーケルだけで撮影したほうが賢明である。

     
沖縄本島 タイドプール で撮影した ゴテンカエルウオ の水中写真 (5cm SL)
沖縄本島 タイドプール で撮影した ゴテンカエルウオ の水中写真 (5cm SL)
     

干潮後に広がる広大なタイドプールに出来る無数の水溜りだが、全ての個体において、撮影した「穴」は覚えているので、またタイミングを見計らって観察に行ってみよう。

     

ゴテンカエルウオ の外観特徴

・眼の周囲の白点の数や並び方に特徴がある

※ 以前は アオモンギンポ と同定しているものの中に ゴテンカエルウオ など複数種が混同されている可能性があり、 アオモンギンポ と同定された本個体も、体側の網目模様や白点の位置などが典型的なアオモンギンポとは異なっている事から改めて ゴテンカエルウオ と同定された

※ アオモンギンポ と確実に同定できるものであっても、色彩変異がかなり大きいことが知られており、今後の分類学のうえでも課題となっているようだ

     

ゴテンカエルウオの分布

ゴテンカエルウオ は、八丈島、小笠原諸島、和歌山県白浜、高知県土佐清水、屋久島、琉球列島~台湾南部、南シナ海、東インド~中央太平洋の熱帯域(ハワイ諸島を除く)での観察記録がある。
※ 但し、アオモンギンポ との混同があると思われる

     

和名 : ゴテンカエルウオ ( スズキ目 / イソギンポ科 / スジギンポ属 )
学名 : Entomacrodus thalassinus thalassinus
撮影場所 : 沖縄本島 西海岸 タイドプール
撮影水深 : -0.15m

     

月刊ダイバー 2017年5月号 2017年3月号 のご案内

引き続きのご案内。

DIVER 2017年 5月号 では 沖縄本島 ダイビング で撮影した魚類の 水中写真 を使って頂いております。

     

同様に私が撮影した水中写真を使って頂いているDIVER 2017年 3月号も、あと少しだけ在庫があるようです。

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)