ゴマフエダイ 成魚

【沖縄本島の河川で撮影したゴマフエダイ(成魚)の水中写真】

昨日、夕食を食べながらEuroNewsチャンネルを見ていたのだが、”No comment NEWS”というコーナーがあり、北朝鮮からの生中継が行われていた。

大量の国民が祝賀行事で歌い踊る様子を延々と流すだけで、”No comment NEWS”という名前の通り、解説も字幕も一切入らず、映像と音声だけが流れているのだが、よくよく考えるとただただ映像と音声だけが流れてくる北朝鮮からの生中継って初めて見た気がする。

     

ゴマフエダイ

写真は、ゴマフエダイ。
若魚に近い成魚だ。

ゴマフエダイ 幼魚はカラフルだが、大人になるにつれて徐々に地味になっていくという、よくあるパターン。

ゴマフエダイの仲間は、サンゴ礁域にも生息するが、どちらかと言えば主に流れのゆるやかな淡水域、汽水域、海水域に生息していることが多い。

本州の太平洋沿岸でも生息しているようなので、機会があれば是非探してみて欲しい。

     
沖縄本島の河川で撮影したゴマフエダイ(成魚)の水中写真(25cm SL)
沖縄本島の河川で撮影したゴマフエダイ(成魚)の水中写真(25cm SL)
     

ゴマフエダイの外観特徴

ゴマフエダイは、幼魚・成魚に関わらず、目のすぐ下に青色縦線が走る事で分かりやすい。

     

ゴマフエダイの分布

ゴマフエダイは、岩手県宮古、和歌山県串本~九州南岸の太平洋沿岸、東シナ海中央部(水深110m~150m)、屋久島、琉球列島;台湾、香港、海南島、東沙群島、中沙群島、南沙群島、タイランド湾、インド-西太平洋、カロリン諸島、ライン諸島、サモア諸島、地中海東部での観察記録がある。

     

和名 : ゴマフエダイ(スズキ目フエダイ科フエダイ属)
学名 : Lutjanus argentimaculatus
撮影場所 : 沖縄本島
撮影水深 : -0.5m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)