サザナミトサカハギ

【沖縄本島のダイビングで撮影したサザナミトサカハギの水中写真】

土曜日の夕方あたりから、北風の影響でかなり涼しくなってきた沖縄本島。7ヶ月ぶりにエアコンを付けない朝を迎えたが、太陽が照り始めると我慢出来ずに再びオン。
結局、半袖半ズボンスタイルがまだしばらく続きそうだ。

     

サザナミトサカハギ

下記3枚は、サザナミトサカハギの水中写真。
コロコロと体色をよく変える魚で、撮影を行っている数十秒の間にも、淡い青灰色から茶色へと変化する様子が確認できた。

沖縄本島のダイビングで撮影したサザナミトサカハギの水中写真
海底や斜面から離れて遊泳しているところを撮影
体色は淡い青灰色

沖縄本島のダイビングで撮影したサザナミトサカハギの水中写真

     

沖縄本島のダイビングで撮影したサザナミトサカハギの水中写真
礁斜面へと近づいてきたところを撮影
体色は淡い青灰色

沖縄本島のダイビングで撮影したサザナミトサカハギの水中写真

     

沖縄本島のダイビングで撮影したサザナミトサカハギの水中写真
撮影している間に、体色が茶色へと変化したところを撮影
体色は茶色

沖縄本島のダイビングで撮影したサザナミトサカハギの水中写真

     

サザナミトサカハギの外観特徴

体色は淡い青灰色から茶色など変化する。吻部上方は前方へ膨出する。

     

サザナミトサカハギの分布

サザナミトサカハギは、八丈島、小笠原諸島、硫黄島、伊豆大島、神奈川県三浦半島、静岡県大瀬崎、和歌山県串本、新潟県佐渡、奄美大島以南の琉球列島;台湾、南沙群島、西沙群島、インド-太平洋(紅海・ハワイ諸島・イースター島を除く)、ガラパゴス諸島からの報告がある。

     

和名 : サザナミトサカハギ(スズキ目ニザダイ科テングハギ属)
学名 : Naso vlamingii
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -10m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM