シコクスズメダイ

シコクスズメダイの幼魚
シコクスズメダイ幼魚

知ってる方々へお知らせです。
あと97日。ついに100日を切った。毎日わくわくでんがなヽ(^◇^*)/

写真(上)はシコクスズメダイ幼魚。体長は3cm程度。写真(下)は成魚で体長7cm程度。
水深-2m~-15mの潮通しの良いサンゴ礁の礁斜面や礁池に生息。と書籍に記載されている通り、浅場からちょっと下まで幅広く見かけるので、出来るだけ水深の浅い場所で観察・撮影するほうが窒素も溜まりにくく、水温も高く、水中も明るいので効率が良い。

シコクスズメダイは、 デルタスズメダイ にも似ているが、尾鰭の白色域が背鰭にも入ることで区別できます。
また、尾鰭は二叉し、両葉先端が糸状に伸長することも目立つ特徴。

幼魚の頃は、少し青みがかっている個体も多く見かけます。
成魚になっても体長8cm程度で、それほど大きくはならないスズメダイの仲間です。

標準和名シコクスズメダイの由来は、標本の採取地にちなんで四国雀鯛といったところでしょうか。

シコクスズメダイ
シコクスズメダイ成魚

シコクスズメダイは、南日本の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島、東部インド洋~中・西部太平洋の熱帯域に分布する。

和名 : シコクスズメダイ
学名 : Chromis margaritifer
撮影日 : 2013年6月1日(写真上) 2013年6月9日(写真下)
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -6m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)