シラナミイロウミウシ

シラナミイロウミウシ正面
沖縄本島は、太陽がサンサンと降り注ぎ、暑い週末でした。
特に日曜日は全国的に寒波というところ、移動中の車内ではエアコンをかけていたぐらい。
海の中はクジラの鳴き声が響き渡っており、最高のダイビング日和でした。

写真はシラナミイロウミウシ。
沖縄本島のダイビングでは、東海岸のレッドビーチで普通にみかけるウミウシです。
特に鉄塔を上下左右に動いているシーンをよく見かけますが、その際に外套膜の周縁を上下に振りながら移動する光景が印象的です。

そのシラナミイロウミウシの移動中の様子。
シラナミイロウミウシ移動

こちらは背面から見たシラナミイロウミウシ。
シラナミイロウミウシ背面

和名 : シラナミイロウミウシ
学名 : Chromodoris coi
撮影日 : (写真上)2008年10月5日 (写真中央)2009年3月8日 (写真下)2010年8月21日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸~東海岸
撮影水深 : -5m前後

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)