シロタスキベラ幼魚

【沖縄本島のダイビングで撮影したシロタスキベラ(幼魚)の水中写真】

今週はほぼ曇り時々雨といった空模様の沖縄本島。
寒波の帯が徐々に南下して沖縄本島近くまで伸びてくる様なので、南国とはいえ今週末はかなり寒く感じるのではないかと思う。

私の地元、神戸の週末予報は曇り時々雪。
日曜日の最低気温はマイナス1℃。
神戸には大学が多いので、センター試験の会場へ向かう受験生たちがトラブルなく到着出来るといいな。

     

シロタスキベラ(幼魚)

写真は倒立泳ぎが特徴の「シロタスキベラの幼魚」。体長は5cm程度。
水深が-5m~-20m付近の砂礫底やガレ場といった水中環境で単独の時もあれば他の魚類と混泳しているシーンを見かけることがある。
動きがコミカルだったので撮影してみたものだ。

     

シロタスキベラyg (5cm SL)
シロタスキベラ幼魚

     

シロタスキベラyg (5cm SL)
シロタスキベラ幼魚

     

シロタスキベラ(幼魚)の外観特徴

幼魚は腹部に太い褐色のラインが入ることで割と見分けやすい。

     

シロタスキベラの分布

シロタスキベラは、伊豆諸島、小笠原諸島、静岡県富戸(幼魚)、和歌山県串本、高知県柏島、屋久島、琉球列島~台湾、東沙群島、南沙群島、インド-太平洋(マーシャル諸島・ハワイ諸島、フランス領ポリネシア以東を除く)での観察記録がある。

     

和名 : シロタスキベラ
学名 : Hologymnosus doliatus
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)