スジオテンジクダイ

スジオテンジクダイ
スジオテンジクダイ

事情があって、ここ数日間は沖縄を離れていましたが、今日の午後に那覇入りして 「駆けつけ一杯」 ならぬ 「駆けつけ1本」 潜ってきました。台風の影響を受ける前の穏やかな海況を見す見す逃してしまう訳がない。笑
予報を見ていると明日から徐々に台風の影響を受けるのでしょうか。波が高くなっていきそうですね。

写真はスジオテンジクダイ。
以前はキンセンイシモチという和名で「ドット型」と「ライン型」と呼ばれていた内の「ドット型」です。

キンセンイシモチという和名は「ライン型」がそのまま引き継ぎ、「ドット型」と呼ばれていたキンセンイシモチの正式和名が「スジオテンジクダイ(新称)」となりました。

観察記録地は下方に列記していますが琉球列島は載っていませんでした。
しかしこれで琉球列島も観察記録のある地域に入りましたね ^^

スジオテンジクダイは、第4縦帯と第5縦帯に挟まれる前方の淡輝青色縦帯は斑点状で不連続であること。第4暗褐色縦帯は、尾柄を通過して尾又付近まで延長することがで近似のキンセンイシモチと区別可能。

で、コチラだけがキンセンイシモチということになります。
キンセンイシモチ
キンセンイシモチ

スジオテンジクダイは、伊豆諸島、千葉県館山湾~屋久島の太平洋沿岸、福岡県沖ノ島、長崎県香焼;台湾南部、スラウェシ島、モルジブ諸島、セーシェル諸島、ペルシャ湾、インハカ(南アフリカ)、モザンビークでの観察記録がある。

和名 : スジオテンジクダイ(新称)
学名 : Apogon holotaenia
撮影日 : 2013年8月11日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -※※m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)