スジモヨウフグ

我が家のべびちゃん、乳児期でもっとも可愛い時期に入ってきた。
が、やっぱり母親に対して絶対の信頼を寄せており、男親とはまた違うものがある。
パパとしてはちょっと嫉妬(笑)
スジモヨウフグ
写真は、スジモヨウフグ。
幼魚はマングローブ域などの河川汽水域で生活をしているが、スジモヨウフグの成魚は内湾や河口域などの浅所(サンゴ礁、藻場、砂地、汽水域)に生息するフグの仲間です。

スジモヨウフグは、体に茶色の縦帯が多数あるので区別は容易。皮膚や精巣は強毒、他の部位は弱毒との報告があるようです。

あまり泳いでいるシーンを見たことはなく、写真の様にいつもデンとしているので怠け者の様に思ってしまいます。

スジモヨウフグは、琉球列島;台湾南部、香港(稀)、東沙群島、西太平洋、ハワイ諸島(稀)での観察記録がある。

和名 : スジモヨウフグ(フグ目フグ科モヨウフグ属)
学名 : Arothron manilensis
撮影日 : 2009年4月12日
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : -3m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)