スミツキトノサマダイ

スミツキトノサマダイ
スミツキトノサマダイ
またまたウソみたいに暑くなった沖縄本島です。
暑いと寒いのレベルが年々極端化している様に感じます。温暖化の影響でしょうかね。

写真はスミツキトノサマダイ。
体側の青い斑紋が分かりやすい外観の特徴と言えるでしょう。
スミツキトノサマダイは、ポリプ食のチョウチョウウオなので沖縄本島ではサンゴ礁浅所で普通に見かけることができます。そして見かける時は大抵ペアでいることが多いような気がします。
スミツキトノサマダイは、南日本の太平洋岸、琉球列島、東部インド洋~西部太平洋域の熱帯域に分布する。
和名 : スミツキトノサマダイ
学名 : Chaetodon plebeius
撮影日 : 2009年7月26日

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)